タグ「マリッジリング」が付けられているもの

先日のこと、私のお気に入りジュエリーショップブリリアンス+さんへお邪魔して、結婚指輪(マリッジリング)の人気デザイン情報を伺ってきました。この記事の下の方にリンクを載せてますが、ほんとに私、こちらのダイヤモンドジュエリーショップが好きで、いっぱい買ってるし、サイト内でいっぱい記事書いています☆

(特集ページへのリンク): 結婚指輪(マリッジリング) 人気ランキング/BRILLIANCE+


↑↑こちらのリンクのページでは、もしかするとまだ最新情報が掲載されていないかもしれないんですけど、取材のときにいただいた情報によると、2016年4月~9月は『エングレーブ』デザインの人気が上がっているそうです。
(近日中には、掲載するとお話されていました)


 エングレーヴドリングでもカルティエでもないけれど。


ちなみに、『エングレーブ(エングレーヴ)』を直訳すると、彫刻を意味します。ネット検索で『エングレーブドリング』あるいは『エンブレーヴドリング』を検索すると、おそらく、カルティエのブランド名彫刻のリングが検索されると思います。

一方で、ブリリアンス+さんで人気の『エングレーブ』デザインというのは、ダイヤモンドがリングに掘り留めされているタイプになります。↓↓たとえば、こちら。『アントルティエサイドエングレーブ』というデザインです。


 人気マリッジリングおすすめ。


このごろ皆さんもよく見かけていらっしゃるだろうハーフエタニティマリッジリング(リンクはサイト内関連記事)のほうが人気だそうなのですが、やはりダイヤモンドが多い分お値段が張るので、その意味でも、エングレーブデザインは選ばれやすいのかもしれません。

続いて人気の、
 

このブログをよくご覧になっている方はご存知のとおり、私はジュエリーショップブリリアンス+の大ファンであります!(って、今さら宣言不要ですよね~^^)
最近ショップの方で新しいデザインが発表されていて気になっており、さらに雑誌SPUR 8月号別冊White Weddingでもメディア掲載されてさらに気になっていたリュミナシリーズを、ショールームで拝見させていただいたのでレポートしたいと思います。


【私の指輪 サイト内のブリリアンス+の記事・ごく一部】: 『ブリリアンス+婚約指輪の口コミ』、『ブリリアンス+結婚指輪の口コミ』、『ハーフエタニティマリッジリング』、『エンゲージネックレス

(ショップリンク)婚約指輪  ジュエリー | BRILLIANCE+


アンティークモダンな婚約指輪デザインです。


さっそくこちらのリュミナシリーズ、デザイナーさんのお話では「カジュアルクラシカル」をテーマにしてデザインされたエンゲージリング&マリッジシリーズなのだそうです。

中央メインのダイヤモンドルースを4本爪で留める点、ダイヤモンドの周りにミル打ちされている点、リングの地金にイエローゴールドを選べる点も非常にクラシカル。アンティークジュエリーを思い起こさせる雰囲気が印象的です。
(地金はイエローゴールドのほか、プラチナなどホワイトカラー系もあります)


アンティーク系エンゲージデザイン


リュミナの婚約指輪の、リボンのようなサイドデザインも特徴的。^^

セットでデザインされたマリッジリングの、リュミナクラス ハーフエタニティリングとの重ね付けもいい!(こちらも、プラチナ版あります)


リュミナクラスハーフエタニティリングは、1本で着けると
 

以前にサイト内で『ルビーのエタニティリングは結婚指輪として選ばれてきたのですね~』という記事を書いたことがあります。そのときに参照していたルビー社長さんのブログに、またまた興味深い記事がありました。

『どうして結婚指輪をはめるのか?』という記事です。
http://ameblo.jp/morisruby/entry-11887320705.html


神話のイメージ結婚指輪をつけるのはお守りかなぁと私は思っていたのですが、由来としては違うようです。
ギリシャ神話に、そのルーツがあるのだとか。抜粋で参照させていただくと、
(右の画像は、イメージです)

 

元々結婚指輪は、古代ローマ人が、
古代ギリシャ人の神話で登場する物語から
ヒントを得て始まったそうです。

神話の物語で、人に火を教えないように、
というゼウスの約束を破ったプロミテウス。

大王ゼウスは怒って、
「毎朝、顔を洗うときに思い出せ!」
プロミテウスの指に鉄の輪をはめました。


このストーリーから「約束を忘れない」
しるしとして古代ローマ人が結婚式で
使ったといわれています。

最初は鉄製のリングだったのが、その後、
金になって、最近ではプラチナも使われる
様になりました。

古代ローマ時代には、このほかにも
金庫のキーを結婚指輪に使ったりしました
が、これは、家計をお任せするよ...と
いう意味だったのでしょうか?

どちらにしろ、精神的な意味が強いのが、
結婚指輪の特徴です。


"約束を忘れない" ということなのですね。

私も既婚者の一人として、大切にしていきたいなと思いました。
 

9月4日にリリース、発売されたブリリアンス+のハートシェイプダイヤモンドリング
あまりにも気になったので、

発売翌日の私が気づいた9月5日、(発売日には気付けず)
問い合わせてお願いし、


そして今日、

現物を見せてもらい、
もちろん、着けさせてもらいましたよ!!


一粒ダイヤモンド埋め込みの結婚指輪はよくあるけど、
どうせなら、ハート型ダイヤモンドの埋め込みがいいじゃありませんか。

ってことで、

着け心地とかそういう、目で見た、着けて実感した思いを、口コミで感想をお伝えしたく、
レポートしちゃいますよ!^^


評判のハート型のダイヤモンドが埋め込まれたマリッジリング


本題に入る前に、私がブリリアンス+で購入したマリッジリングのサイト内記事のご案内。
(何回もリピート買いしている大好きなショップさんなのです)

【サイト内の関連記事】: 『ブリリアンス+結婚指輪の口コミ(アントルティエ)』、 『ミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪の口コミ感想

(ショップリンク): ハートシェイプダイヤモンドリングのショップページへ( BRILLIANCE+


まずは、マリッジリングとして購入した場合のイメージ写真から。
 

私自身の結婚指輪はとてもプレーンなもの(鏡面仕上げ、つるっとした普通のもの)なのですが、アンティークだったり輝いたり、ワイルドイメージだったりする表面のマリッジリングもあるということで、素敵だなぁと思い取材しました。
そのレポート記事のまとめ(一覧)です。

結婚指輪は毎日身につけるものだから、気に入ったデザインのものを選びたいですね。参考になれば嬉しいなと思います。

サティーン仕上げはヘアライン加工に似てるかも  アンティークでシックな表面仕上げ

サイト内の【詳細記事】: 『アンティークでシックな表面仕上げ・加工の結婚指輪

シックで落ち着いた印象の仕上げは、サティーン仕上げ(Sateen finish)といいます。ヨーロピアンな雰囲気が、わたし的にイチオシです。



スターリー仕上げ  ダイヤモンドダスト・スターダスト加工/仕上げ

サイト内の【詳細記事】: 『キラキラ輝くダイヤモンドダスト・スターダスト仕上げ・加工の結婚指輪

光の下でキラキラ輝く仕上げは、スターリー仕上げ(Starry finish)といいます。写真でその輝きを表現するのが難しいのですが、一見するとマットなのに光に輝くのが不思議です。



ヴィンテージ仕上げ  ワイルドな表面仕上げ/加工

サイト内の【詳細記事】: 『ワイルドな表面仕上げ・加工の結婚指輪

発売前から男性に評判が高いワイルドな仕上げは、ヴィンテージ仕上げ(Vintage finish)といいます。大胆なデザインが、アメリカンな印象を持っているのが人気の秘密かも。


よかったら、それぞれの詳細記事をご覧下さい。^^

ネットで買える結婚指輪・マリッジリングで、個性的な表面仕上げ・加工の結婚指輪を取材してきました! 取材したのは、ブリリアンス+(BRILLIANCE+)というダイヤモンドジュエリーショップです。

実際に写真を撮影し、指にしてみた印象もあわせて、口コミレビューしたいと思います。
【ショップ】サティーン仕上げ(Sateen finish)
新しい仕上げ・テクスチャーの結婚指輪・マリッジリング


この記事では、アンティークでつや消しのようで、落ち着いた雰囲気もあわせ持つ表面仕上げの結婚指輪・マリッジリングをピックアップします。
サティーン仕上げ(Sateen finish)という表面仕上げ・加工の製品です。

一般的に多く選べるヘアライン仕上げ・加工に近いけれど少し違う。斜めにラインが入っていて、交互にクロスしています。アンティークでヨーロピアン、シックな感じが、新シリーズの中で私からイチオシな表面仕上げです。^^


  地金はプラチナと18金(ピンクゴールド・イエローゴールド)
加工の特性からホワイトゴールドでは作れないそうで、リングの貴金属地金は、プラチナと18金(イエローゴールド・ピンクゴールド)からの選択になります。

サティーン仕上げはヘアライン加工に似てるかも

ピンクゴールド版の写真を撮影し忘れちゃったので、ピンクゴールドご希望の方は、ショップでご確認くださいね。(その代わり、オーバルシェイプとスクエアーシェイプが撮れてますw)

ネットで買える結婚指輪・マリッジリングで、個性的な表面仕上げ・加工の結婚指輪を取材してきました! スターダスト仕上げ・加工とも呼ばれるキラキラのダイヤモンドダストみたいな表面仕上げ。

取材したのは、ブリリアンス+(BRILLIANCE+)というダイヤモンドジュエリーショップです。


実際に写真を撮影し、指にしてみた印象もあわせて、口コミレビューしたいと思います。
【ショップ】スターリー仕上げ(Starry finish)
新しい仕上げ・テクスチャーの結婚指輪・マリッジリング


この記事では、リングの表面がキラキラ輝いて存在感のある表面仕上げの結婚指輪・マリッジリングをピックアップします。 スターリー仕上げ(Starry finish)という表面仕上げ・加工の製品です。

写真で表現するのが難しいのですが、照明にキラキラ輝いて、とっても綺麗な仕上げだと思います。それから、リングを手に乗せて見たときより、指につけると落ち着いたイメージになる、そのギャップに驚きました。^^


  地金はプラチナと18金(イエローゴールド・ピンクゴールド)
加工の特性からホワイトゴールドでは作れないそうで、リングの貴金属地金は、プラチナと18金(イエローゴールド・ピンクゴールド)からの選択になります。

ピンクゴールドのスターリー仕上げをはじめて見た時、一瞬、「銅みたいにくすんだ色」と思ったのですが、指につけると印象が変わって驚きました。(でも、この仕上げでは、私はプラチナの方がいいと思います)

結婚指輪の表面加工と仕上げの評価とレビュー(スターダスト仕上げとも呼ばれます)

ネットで買える結婚指輪・マリッジリングで、個性的な表面仕上げ・加工の結婚指輪を取材してきました! 取材したのは、ブリリアンス+(BRILLIANCE+)というダイヤモンドジュエリーショップです。

実際に写真を撮影し、指にしてみた印象もあわせて、口コミレビューしたいと思います。
【ショップ】ヴィンテージ仕上げ(Vintage finish)
新しい仕上げ・テクスチャーの結婚指輪・マリッジリング


この記事では、ワイルドイメージでちょっとアメリカン、ヴィンテージ風な雰囲気のある表面仕上げの結婚指輪・マリッジリングをピックアップします。
ヴィンテージ仕上げ(Vintage finish)という表面仕上げ・加工の製品です。

前評判で、男性に一番人気の仕上げだそうです。ラフな印象がワイルドな雰囲気を作るのがイイのかも知れませんね。^^


  地金はプラチナと18金(ピンクゴールド・イエローゴールド)
加工の特性からホワイトゴールドでは作れないそうで、リングの貴金属地金は、プラチナと18金(ピンクゴールド・イエローゴールド)からの選択になります。

マリッジリングの表面加工と仕上げの評判と評価

"貴金属買い取ります"が流行るほどの今日この頃、貴金属地金の相場価格が高騰しています。

太め幅広の指輪が好きな私として、
「結婚指輪(マリッジリング)は存在感のある太め・幅広♪」
というのが持論なのですが、予算もあるし最近はそうも言っていられないのかなぁと感じます。

先日にジュエリーショップ『カデンシア+ブライダル』の店舗(東京・青山表参道)へ取材に行った際に
見せていただいた幅広の結婚指輪。↓↓

太め幅広のプラチナ結婚指輪(マリッジリング)

男性の方で指輪好きだと、このくらいのボリュームの結婚指輪をお探しのお客様がいらっし
ゃるそうです。幅広ももちろんですが厚みもあり、ずっしりな結婚指輪です。

ちなみにこれ、ざっくりのお値段おいくらだと思います?

私のもともとの結婚指輪にはダイヤモンド埋め込みがありませんが、最近のデザインには
ダイヤモンド埋め込みデザインの結婚指輪が増えています。
関連記事:『結婚指輪口コミ・レビュー(ブリリアンスプラスBRILLIANCE+)リング

上の関連記事にも載っているダイヤモンドが5個埋め込まれている結婚指輪を、最近は
日常的に重ね付けしていて、私の普段は↓↓こういった感じで過ごしています。

ウェーブラインマリッジリング・アントルティエを重ね付け

奥側につけているのが10年前からつけている結婚指輪。大切だけれど、ちょっとデザイン的
には、何かプラスしたいわけです。
"それくらいなら最初からダイヤモンド埋め込みデザインの結婚指輪を選んだ方がいいのでは"

海外旅行をしていると、イエローゴールドの結婚指輪をよく見かけます。日本でもイエローゴール
ドの結婚指輪をしている方を時々見かけますが、ホワイト色の結婚指輪(マリッジリング)の人気
が高いです。

ホワイト色の貴金属といえばプラチナと18金ホワイトゴールドがありますので、色と重さの視点か
ら比較してみました。結婚指輪選びでお役に立てれば幸いです。

  プラチナと18金ホワイトゴールドの色の違い比較
購入したばかりの結婚指輪を並べて写真を撮ってみました。
(マリッジリング用に売られている指輪を2本、自分用に購入したもの。私自身は既婚なので、も
ともと1本持ってますが、指輪好きが高じて購入f^^;)

左が18金ホワイトゴールド(K18WG)、右がプラチナ(PT900)の貴金属でできています。

18金ホワイトゴールドとプラチナ900の色の比較で選ぶ選び方

18金ホワイトゴールドの色合いのほうが少し明るく見えますが、いかがでしょうか?
光源の方向を変えて、もう1枚。

先日届いたミルグレインマリッジリング、リング幅細めの2.5mmなのに、内側の刻印がくっきり
ちゃんと読めます。ちょっとですが、写真でご紹介します。^^
(婚約指輪用ダイヤモンドリングの口コミ記事はこちら
婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)【7】リング』)

関連記事:『人気のミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪を予算内で
注文したショップ:ブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)

  マリッジリング内側の刻印
まずは、ショップロゴと、材質(素材)、ダイヤモンドのカラット数から。
↓↓左から"B+"、"K18WG"、"0.007"の刻印が入っています。

結婚指輪の刻印

ショップではリング幅2.5mm~4.5mmまでの扱いがあって、↑↑2.5mmはいちばん細い幅。でも、
ちゃんと、読めますよ。
次に、私が独自でオーダーした刻印。

先日の記事で注文のことを書いたミルグレインマリッジリング、予定されていたお届け日より早く
到着しました。
先に結論を書いてしまうと、"ブリリアンスのミルグレインマリッジリングはティファニーのミル打ちより厚み(高さ)控えめでつけ心地がいい!"。これから詳しく口コミ感想をレポートします。^^

関連記事:『ブリリアンスプラスでミルグレインマリッジリングを注文♪(BRILLIANCE+)』、
人気のミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪を予算内で
注文したショップ:ブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)

(ちなみに、婚約指輪の口コミ記事は『婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)
【7】リング
』)

  ミルグレインマリッジリング本体
私が注文したミルグレインマリッジリングは、こちら。↓↓(もちろん、今回到着した私物写真)

私のミルグレインマリッジリング

リング幅2.5mm、18金ホワイトゴールド、1粒ダイヤモンド埋め込みタイプでオーダーメイド
しました(内側にも1粒ダイヤ♪)。
届いたときには、

昨日のブログ記事『結婚指輪口コミ・レビュー(ブリリアンスプラスBRILLIANCE+)包装』で書いていたウェーブラインマリッジリング、今日はリング本体のつけ心地などをレポートしたいと思います。

婚約指輪のレビューはこちら『婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)【7】リング』)
ショップ: ブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)

  リング本体
私が選んだウェーブラインマリッジリング(新作デザインです)は、アントルティエ(entortiller)という名前のついたデザインです。↓↓

アントルティエを選んだ買った購入したよ

ウェーブラインマリッジリングには6種類のデザインがある中で、
真ん中の切り替えしから半分にダイヤモンドが埋め込まれているのがきれいで、それでこのデザインを選びました。

実はほかにもこのデザインを選んだのには理由があって、それは、婚約指輪ダイヤモンドリングとの重ね付けがきれいだからです。
関連記事:『婚約指輪との重ねづけで選ぶ結婚指輪の選び方≪ソリティア編≫
重ね付けすると、

先日の記事『ブリリアンスプラスでウェーブライン結婚指輪を注文♪(BRILLIANCE+)』で書いていた
ウェーブラインマリッジリングが届きました~。(ショップ:ブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)
到着予定日の12日に、きっちり到着! もう、わくわくどきどき。足元ふわふわです。^^

【その他サイト内のブリリアンス+関連記事・ごく一部】: 『ブリリアンス+婚約指輪の口コミ』、
ブリリアンス+結婚指輪の口コミ』、『ハーフエタニティマリッジリング』、『エンゲージネックレス


ちゃんと細かくレポートする前に、とにかく、マリッジリングの写真から。こんなにキラキラ素敵っ。

結婚指輪・口コミ


  ウェーブラインマリッジリングの到着・開梱
6月12日到着予定だったウェーブラインマリッジリングが、予定通りぴったりの日に届きました。

別の記事を書くときに調べてからずっと欲しかったミルグレインマリッジリング、
関連記事:『人気のミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪を予算内で

欲しさ余って、ついブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)で注文しちゃいました~。
(アンティークでクラシカルなのが上品で、心が騒ぐんです)
【追記】:到着後の口コミ感想はこちらで書きました『ミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪口コミ・感想レビュー


ミル打ち加工をすると、凸凹に光が反射して、輝きが増すんだそう。欲しくなっちゃうのも、
流行っているのもうなづけますよね。^^
まずは、注文の様子から口コミ感想レポートします(指輪のレビューは後日に改めてっ)。
(婚約指輪の口コミ記事は『婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)【7】リング』)


ブリリアンスプラスの結婚指輪トップページ。↓↓(PC画面のキャプチャー)
ショップのトップページではなくて、結婚指輪のトップページです。

Brilliance+の結婚指輪

このページを少し下へスクロールすると、

先日5月19日に注文して6月12日お届け予定日になっているブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)
の結婚指輪の注文の様子を口コミ感想レポートしますね。
注文したのは、新作のウェーブラインマリッジリングなんですよ~。^^
(婚約指輪の関連記事は『婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)【7】リング』)

【追記】:到着後の口コミ記事はこちら『結婚指輪口コミ・レビュー(ブリリアンスプラスBRILLIANCE+)リング

まずは、ブリリアンスプラスの結婚指輪トップページ。↓↓(PCの画面を写真撮影)
ショップのトップページではなくて、結婚指輪の特設トップになっています。

Brilliance+の新作結婚指輪

私が注文したウェーブラインマリッジリングは新作なので、特設ページからの注文でした。

赤丸のバナーからウェーブラインマリッジリングのオーダーメイドページへ。
マウスクリックすると次々に変わっていくリングイメージを楽しく見ながら注文できました。

結婚式に招待されたときに、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けして出席するのが正式な
ファッションになります。

って、ご存知ですか?

でもそう知らずとも、盛装(結婚式にお呼ばれ等)をするときには婚約指輪と結婚指輪を重ね付け、自然としている方が多く、よく見かけます。なので、結婚指輪選びで重ね付けを考えて選ぶ、かなり正解なんですよ。^^

  ソリティアタイプの婚約指輪とシンプルなストレートラインの結婚指輪を重ね付けした場合の例
以前にBRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)で購入した鑑定書つきのダイヤモンドリング、これをシンプルなストレートライン(Iライン)の結婚指輪と重ね付けすると、↓↓(下の写真)こういった感じになります。
関連記事:『婚約指輪のネット購入~BRILLIANCE+(口コミ・レビュー)【7】リング

左↓↓がソリティアタイプ婚約指輪と結婚指輪の重ね付けの写真で、右の写真のピンクの
ラインは、指輪のライン形状を表しています。婚約指輪はI字のストレートライン(ソリティア)、
結婚指輪も、ストレートのIラインになっています。

婚約指輪のデザインの一番人気はソリティアタイプですから、ソリティアタイプの婚約指輪をお手持ちの方は多いのではないでしょうか。

ソリティアタイプの婚約指輪とストレートタイプの結婚指輪の重ね付け ソリティアタイプの婚約指輪とストレートラインの結婚指輪の重ね付けライン図

もちろん、この組み合わせは王道で人気が高いだけあって素敵なのですが、最近新しく
発売になったウェーブラインマリッジリングを知ってから、"このほうが重ね付けがキレイ!!"とい
う組み合わせが出てきました。

アメリカでは、大きなダイヤモンドをデイリーに身につけるのが一般的です。アメリカ人は、
大きなダイヤモンドのついた婚約指輪を結婚指輪と重ね付けして、家事をしちゃうのが普通です。
(日本人的にはビックリしちゃう話ですよね~)

でも日本人だって、盛装(結婚式にお呼ばれ等)をするときには婚約指輪と結婚指輪を重ね付け
する人は多いです。なので、結婚指輪選びで重ね付けを考えて選ぶ、けっこうオススメです。

  私の婚約指輪と結婚指輪を重ね付けした場合の例
写真↓↓は、私物の婚約指輪と結婚指輪の重ね付けです。右の写真のピンクのラインは指輪の
ライン形状を表していて、婚約指輪はS字のウェーブライン、結婚指輪はストレートのIラインに
なっています。
皆さんの中にも、婚約指輪のデザインには凝ってるけれど結婚指輪はシンプルという方は多い
のではないでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付け(私の場合) 重ね付けの指輪ライン

私自身、この組み合わせは気に入っていて好きなのですが、最近新しく発売になったウェー
ブラインマリッジリング
を知ってから、"このほうが重ね付けがキレイ!!"という組み合わせが
出てきました。

マリッジリング(結婚指輪)といえばプレーンなデザインが今も多いですが、最近は"ほかの人と違う私たちだけの"というひと味違ったデザインを選ぶカップルも増えています。

そこで私がお奨めしたいのが、BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)のニューマリッジリング「ウェーブラインマリッジリング」です。
ショップからキャプチャーをお借りすると、6デザインあって、

ウェーブラインマリッジリング

(写真は『BRILLIANCE+』のショップキャプチャー)

・Diese(ディエーズ)
・Ronde(ロンド)
・Courve(クルヴ)
・Unir(ユニール)
・Entortiller(アントルティエ)
・Rivage(リヴァージュ)

という名前がついています。
ウェーブラインのようにデザインに動きがあると、手指が細く長く見えます。
なので、女性に嬉しいデザインなんですよ。

でも、6つとも似たようで選びにくくありませんか?
そんなときは、

« 前  1 2  

みんなの指輪ギャラリー

【新着】
みんなの指輪ギャラリー
投稿してみませんか?

 

【~2011/05まで実施】
指輪アンケート(左下の別デザインフォームで継続中)

ダイヤモンド婚約指輪アンケート

結婚指輪アンケート

スイートテンダイヤモンドリングアンケート

【 人気記事ランキング! 】



[姉妹サイト]:婚約指輪を予算別で探せるサイトも運営しています(http://ringc.net/)

婚約指輪を予算別で探せるサイト


About

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

forスマートフォン
スマートフォンページへ

指輪大好き!b-jewelry.netの管理人です 管理人Profile: 2016年はおとなしめに3個ぐらい新しく指輪を買った管理人”のらり”です(それでも3本買ってる☆)。
普段も手元だけ豪華・・・f^^; プロフィール詳細


カテゴリ

↓↓指輪の似合う手指のために。私のレビューは、いま使っている『ロクシタンのゼスティライムクリーム』と、『[口コミ]ロクシタンのハンドクリーム

姉妹ブランドの、『クヴォン・デ・ミニム 庭師のハンドバーム(ハンドクリーム)も使ってました

クヴォン・デ・ミニム 庭師のハンドクリームのの評判を口コミ中です

[おすすめ] 5万円台の婚約指輪10万円以内の婚約指輪BRILLIANCE+口コミ(クチコミ)ブリリアンスピンクダイヤの婚約指輪ミル打ち(ミルグレイン)結婚指輪セットリング人気ランキング

[実施中] 婚約指輪の相場アンケート(ご予算や既購入額♪)

Quickvoter

Q.婚約指輪のご予算は?

5万円くらい
10万円前後
20万円
30万円(給料1カ月分?!)
40万~50万円
60万~80万円
100万円
彼女の希望どおりでw


-view results-

by pentacom.jp

[実施中(継続アンケート)・・・投票数600以上!]

Quickvoter

Q.欲しいor本当は欲しかった婚約指輪のダイヤモンドの大きさは?

控えめに0.2カラット位
みんなと同じ0.3カラット位
ちょっと大きめ0.5カラット
大きく見える0.7~0.8
こだわりの1カラット!
羨望の眼差し1.5~2カラット以上


-view results-

by pentacom.jp

[スイートテンも実施中(継続アンケート)]

Quickvoter

Q.スイートテンダイヤモンドリングのご予算は?

5万円~8万円
8万円~12万円
12万円~16万円
16万円~21万円
21万円~35万円
35万円~50万円


-view results-

by pentacom.jp